まるこママのVIVA!!育児

まるこママです(現在育休中)。2019年4月に娘を出産。毎日の慣れない育児、でも楽しく!をモットーに日々奮闘中!

お食い初めはどこでやる? 外食と自宅のメリット・デメリット

まるこママです。

 

赤ちゃんにとって一生に一度のお食い初め、

せっかくなので外でやるか、自宅でやるか迷うところですよね。

それぞれのメリット・デメリットを考えてみました。

f:id:mamamaako:20190719205302j:plain

 

 

外食でやるメリット

・準備をする必要がない

お食い初め膳に必要な食器や、歯固め石など

それぞれ揃えるのは大変です。

外食だと必要なものは全て揃えてくれているので、

身一つで行けるのが良いところ。

 

・手順等、お店の人が教えてくれる

お食い初めの儀や歯固めの儀はお作法があります。

もちろんネットで調べればすぐにわかることではありますが、

お店の人が正しい方法を教えてくれるので調べる手間も必要ありません。

 

・間違いのない美味しいお料理をいただける

赤ちゃんはお食い初め膳を食べることはできませんが、毎日育児で疲れているママ。

たまには美味しいものを食べてリフレッシュしたいところです。

ホテルや和食料理屋さんでお食い初め膳を提供しているケースが多いので、

美味しいお料理を食べれるのはママにとってはご褒美になること間違いなしです。

 

・参加者みんなでゆっくりできる

お店なので、当然上げ膳据え膳。

準備や片付けが不要なので、赤ちゃんを囲みながら

みんながゆっくり過ごすことができます。

 

外食でするデメリット

・費用がかかる

お食い初め膳だけならまだしも、大人の料理も一緒に…と

費用が嵩むのは仕方のないところ。。。

赤ちゃんがいるので個室利用となると、

個室料金が別で必要となるところも珍しくありません。

 

・授乳やオムツ替えなどの設備が十分でないこともある

お食い初め膳を提供しているお店なら、

授乳室やオムツ替えがあると思い込みがちですが、

実は結構ないところも多いんです。

予め、どのような設備が整っているかをチェックしておきましょう!

合ってもフロアが違う…や、

授乳室が1つしかなく長い時間待つことになってしまったなんて話も

珍しくありません。

 

・赤ちゃんの機嫌に合わせられない

当然、お店の予約等あるので赤ちゃん主導でなかなか動けません。

中にはお食い初めの時、赤ちゃんはずーっと泣きっぱなしだった…なんて話も

耳にします。(もちろんこれはこれで良い思い出ですが)

赤ちゃんが泣いていたら、ママも折角のお料理を楽しめないので、

予約時間に合わせて、赤ちゃんのタイムスケジュールをある程度した方が、

赤ちゃんにとってもパパママにとっても良いかもしれません。

 

自宅でやるメリット

・費用が安く済む

折角のお祝いごとなので費用云々ではないのですが、

食べれない赤ちゃんのお膳にしてはまぁまぁ高いお値段設定です。

自宅で作れば、お店ほどの味は実現できないですが、

圧倒的にお安く作ることができます。

 

・赤ちゃんにとって万全の体制を整えられる

赤ちゃんが急にぐずっても、やっぱりお家。

必要なものは全て揃っているし、何があっても安心です。

 

・時間を気にせず過ごすことができる

パパママだけではなく、お食い初めに

おじいちゃん・おばあちゃんも集まるということもあるでしょう。

久々の家族・親族集合。赤ちゃんを囲みながら尽きない話を

時間を気にせず存分にすることが可能です。

 

・オリジナルのお食い初めが可能

お食い初めの形式があるとは言え、

地方によってお作法やメニューが違ったりします。

自宅でお食い初めをやると、ちょっとアレンジしたりと

オリジナルのお食い初めが可能です。

 

自宅でするデメリット

・準備が大変

日々の育児でも大変なのに、お食い初めの準備となると、

どこまで本格的にやるかは別にしてまぁまぁ大変です。

家族や両親が集まるとなると、これまた大人のお料理も準備しなければなりません。

お部屋のお掃除もついてきますね、、、

お料理の腕にもよりますが、お赤飯・ハマグリのお吸い物・筑前煮…など

普段作り慣れないものを作るとお味も心配…なんてことも。

また「お食い初めの儀」の手順等、自分で調べておく必要があります。

検討した結果

お店も色々と調べ、メリット・デメリットを考えた上で、

私はお家でのお食い初めを実施しました。

我が家のオリジナルのお食い初め、次回更新します!

 

 

www.mamamaako.co

 

 

www.mamamaako.co