ワーママまるこの暮らしの工夫

妊娠を機に、複業を検討中。仕事も子育てもプライベートも全力で楽しむための、暮らしの工夫を綴ったブログです。

これで直る!家でもできる効果的な逆子対策

まるこです。

 

f:id:mamamaako:20190217090204j:plain

 

「逆子」

 

健診のたびにドキドキしているプレママさんは

多いのではないでしょうか。

 

まるこも28週目には頭位だったのですが、

30週目に逆子であることを伝えられました。

 

2週間、逆子体操に取り組みましたが、

32週目の健診でも逆子のまま。

なんとかしたい!との一心で、逆子対策に取り組みました。

 

  

逆子のままだと帝王切開出産に

病院によって異なりますが、

逆子のままだと妊娠37〜38週に帝王切開での出産となります。

聞いたところによると、赤十字病院などでは

逆子でも自然分娩を受け入れてくれるそうです。。。

※これは聞いた話なので、ご確認ください。

 

また里帰り出産をされる方は、逆子だと

少し早めに里帰りをしなければなりません。

 

赤ちゃんが無事に生まれてきてくれさえすれば、

逆子での帝王切開の出産に何一つ悪いことはないと思っています。

 

が、、、まるこにとっては、

早めの里帰りが結構ネックでした。。。

もう産休までスケジュールがぎっしりだったのです。

赤ちゃんのことを思えば、どってことない内容なのですが…

 

でも逆子を直したい!というプレママは多いのではないでしょうか。

 

逆子体操のススメ

産院によるそうですが、

私の通っている産院と里帰り先の産院では

逆子体操を勧められました。

 

やり方はどちらの病院でも同じ。

私のように骨盤位の逆子には、胸膝位での体操を勧められました。

朝と夜寝る前に2度、それぞれ5分〜10分実施し、

夜の場合はお腹の赤ちゃんの向きによって、右か左に寝るというもの。

 

これがまぁまぁしんどいのです。。。

ヨガとか日頃より身体を動かしている人からすれば

大したことないポーズだと思うのですが、

まるこは特に!背中が硬く、毎日結構きつかったです。。。

 

www.mamamaako.co

 

それでも逆子を直したい!の一心で毎日実施しました。

大概の人はこれで頭位になるそうですが、

まるこの場合は冒頭に書いた通り、これでも逆子のままでした。

 

先生曰く、初めからずっと逆子の子は

なかなか頭位には戻らないそうです。

まるこの場合は、「頭位」からの「逆子」だったので、

まだ可能性はあるとのこと。

諦めずに、逆子対策を実施しました。

 

 

逆子治療に鍼灸?鍼灸院の選び方

あと1週で治らなければ里帰りの産院に早めに帰らなければならないということで

残された期限はあと1週間。

 

「鍼灸に行って逆子が治ったよ」という

知人の勧めもあり、藁をもすがる思いで鍼灸院を探しました。

 

逆子専門のところだったりと色々な鍼灸院がありますが、

国家資格を持ったはり師・きゅう師がやっているところをお勧めします。

技術ももちろんのことですが、、、

ここでの施術費用は医療費控除の対象になります。

 

症状に対しての治療という理由が条件だそうですが、

逆子もその対象とのこと!

領収書もしっかり保管しておきましょう。

 

逆子施術の内容は鍼灸院によるそうですが、

私が通ったところはお灸のみの施術でした。

 

ちなみに…口コミ&評価がとても高かったのですが、

逆子専門の鍼灸院ではありません。

 

私がお世話になった鍼灸院での考え方は、

「足元を冷やさないこと」だそう。

ひざ下をしっかり温めてもらいました。

 

施術中、お腹がもぞもぞと動く、

いつもの胎動と異なる感覚がありました。

 

家でもできる逆子対策

鍼灸院で教えてもらった家でもできる逆子対策。

それは「足元を極力冷やさないこと」ということだったので、

寒い季節だったので以下を実施しました。

 

・家の中でも靴下を履く

・足元カイロ を貼る

・床暖房を入れる

・お風呂にゆっくり入る

・寝床に電気毛布を入れる

 

つまり、、、家にある足元を温められるものは

全て実施したということです。笑

 

鍼灸院の先生に教えてもらって、

家庭用のお灸も実施しました。

 


せんねん灸 太陽 火を使わないお灸(30コ入)【せんねん灸】

 

貼る場所は足の小指の爪の付け根あたり。

人によってツボは違うらしいとの話も聞いたことがあるので

場所については、かかりつけの鍼灸医にご確認ください。

1日2回実施しました。

 

 

気になる結果は…

不安でいっぱいの1週間を過ごし、

産休の前倒しや帝王切開での出産に覚悟を決め、

33週で病院に病院に行ったところ…

 

 

なんと!逆子は治っていました!涙

 

 

途中から蹴る位置が変わったかなぁとか、

ちょっとだけお腹の腹筋を使って

お腹に力を入れると、なんとなく頭の位置がわかるようにもなってきました。

 

もう藁をもすがる想いで、

健診に行く朝も鍼灸院に行ってきました。

計3回施術したのですが、

初めはピクリとも暖かくなかったお灸が、

3回目となると「あちち…」と、

身体の冷えがなくなっていることも実感しました。

 

不安でいっぱいで病院に行ったけれど、

「もしかして…直ってるかも」の淡い期待は、当たってました。 

 

 逆子は早めの対策を

逆子と判断されたなら、早めの対策をお勧めします。

大きくなればなるほど、当然赤ちゃんの動くスペースは少なくなります。

逆子対策でいらっしゃる妊婦さんも、

28週〜30週、遅くとも32週くらいが平均とのこと。

鍼灸院の先生も、33週と伝えた時にやや厳しい顔をされました。

 

でもまるこみたいな例もありますので、

諦めずに逆子対策してくださいね!