ワーママまるこの楽ラク生活

ワーママのまるこです(現在育休中)。ラクして生活を楽しむためのブログです。

撮っておくべき?新生児期にしか残せないニューボーンフォト

まるこです。

 

待望の赤ちゃんを出産し、

日々育児に追われながらも

一瞬一瞬を逃さないよう赤ちゃんにカメラを向ける毎日…

そんな方も多いのではないでしょうか?

 

新生児期の赤ちゃんは、驚くくらい日々成長しています。

 

赤ちゃんの誕生を記念に、ニューボーンフォトで

生まれたてホヤホヤの可愛い赤ちゃんの姿を

記録に残してみてはいかがでしょうか?

 

f:id:mamamaako:20190426154220j:plain

 

 

ニューボーンフォトとは?

生後3週間以内の赤ちゃんを記念撮影することを言います。

日本では、近年ちらほらと耳にする機会が増えてきましたが、

欧米では既にスタンダードとなっているようです。

 

3週間以内というのは、

赤ちゃんがお母さんのお腹にいた姿に近いことが理由だそうです。

へその緒がくっついていたり、

濃い産毛が残っていたり、

皮膚がポロポロと向けていたり。。。

そんなお母さんのお腹の中にいた状態に近い姿を残すのが

ニューボーンフォトです。

 

どうやってニューボーンフォトを撮影する?

ニューボーンフォトは、

自宅でのカメラでの撮影ももちろん可能です。

でもせっかくの記念写真、

プロのカメラマンにお願いしたいところですよね。

スタジオ撮影はもちろん、最近では自宅での撮影も可能です。

スタジオ撮影は赤ちゃんを連れて身一つで可能ですが、

日本では産後1ヶ月は外出を控えるよう推奨している産婦人科も多く、

「家の近くにそんなスタジオはない」

「生まれたてホヤホヤの赤ちゃんを連れての外出は心配」と言う方も多いはず。

そんな方には、自宅での撮影をオススメめします!

 

撮影料金は?

スタジオでの撮影だと5万円前後、

一方で自宅での撮影は2万円前後の価格設定が多いようです。

撮影料金・撮影道具・データが含まれているパックプランがほとんどです。

 

撮影時の注意点

新生児の赤ちゃんはとってもデリケートです。

マイカメラでセルフ撮影!と言う方も細心の注意を払わなければなりません。

可愛いポーズでの写真を残したくても、

赤ちゃんに無理なポーズをさせるなど、そんなことの無いようにしましょう。

 

プロにお願いする場合、

赤ちゃんのポージングを決めるのはカメラマンやスタッフです。

カメラマンやスタッフが撮影技術だけでなく新生児に対する知識があるかも重要です。

撮影時にプロの助産師さんが同行してくださるケースもあるようです。

 

何かあっては取り返しがつかない時期である新生児期。

専門の知識や資格を保有しているかを確認してお願いするようにしましょう。

 

また赤ちゃんが生まれて3週間以内という事は、

逆を言うとママは産後3週間以内と言うことになります。

産後すぐで体調が万全でないママも多いはず…

 

産前に予約したときは「撮影する気満々!」でも、

いざ直前になると、ホルモンバランスの崩れや出産後の心身のダメージなど、

どうなっているかわからないものです。

 

赤ちゃんとママの体調を第一優先にして、

体調の悪い日は別日程に変更するなど、

臨機応援に撮影をするようにしましょう。

 

思い切ってキャンセルをすることも一つです。

写真を残すことよりも何よりも、一番大事なのはママと赤ちゃんです。

 

ニューボーンフォトを残すメリット

新生児期はたったの28日間。

この間に赤ちゃんはみるみる成長します。

 

新生児期の赤ちゃんって、うまく言葉で表現できないんですけどなんか特別なんです。

出生時の生まれたてのちょっと浮腫んだ、

くちゃくちゃの赤ちゃんももちろん可愛いけれど、

ちょっとキレイになったふわふわのお肌、なんとも言えない表情、

人間の形はしているのだけどどこか神秘的に感じませんか。

誰しもが、思わず見てニッコリと笑みがこぼれる写真ばかりです。

 

また出産って、女性にとっては命がけ。

妊娠・出産・育児…180度ガラリと変わる生活に、

きっと誰しもが「かわいい!」だけのポジティブな感情だけで

赤ちゃんに向き合っている訳ではありません。

生まれた瞬間は「かわいい!」と感じても、

泣き止まない赤ちゃん・寝れない毎日・慣れない育児で、

 

心身ともに疲労しているママも多いはず。

そんな時にふっと「ニューボーンフォト」を見返せば、

「生まれたときはこんなに小さかったんだ」と赤ちゃんとママの成長を実感し、

生まれた瞬間の感動が蘇り、また前向きなパワーを得られるはずです。

 

予約した流れ

私は実際に、FOTOWAと言う出張サービスを利用して

ニューボーンフォトの撮影をお願いしました。

 

fotowa.com

 

 

①予約するタイミング

出産前に希望するカメラマンさんのスケジュールを見て予約を入れました。

なるべく生まれたての写真を残したかったことと、

産後の入院期間を考え、予定日2週間後に予約しました。

ただ予定日はあくまで予定日。

予約の際に、変更になる可能性がある旨伝えておくとベターかもしれません。

慣れているニューボーンフォトのカメラマンさんは

その点よくご理解いただいているので、

日程や時間の融通を聞いてくださることが多いです。

 

実際に私の場合は、予定日より3日遅れての出産でした。

結果的に日程変更はする必要がなく、生後11日の写真を撮影していただきました。

 

②家の撮影箇所のスペース

カメラマンさんにもよりますが、

2m×2mくらいの日当たりの良い場所があれば十分です。

カメラマンさんが良い感じで撮影箇所をセッティングくださいます。

 

③何も準備しなくてOK

特段、これで撮影したい!と言う希望がなければ

何も準備をする必要はありません。

基本は赤ちゃんの身一つだけ!

カメラマンさんによると思いますが、

たくさんの小道具を準備くださっています。

撮影してもらいたいイメージがあれば事前にリクエストしておくのもオススメです。

当日スムーズに撮影を進めてくださるはずです。

 

④赤ちゃんの睡眠時間を撮影に

撮影時間に赤ちゃんが寝てくれるように授乳をするなど

時間調整をすると良いようです。

(その方が赤ちゃんのポージングが取りやすいようです)

 

ですが、こればかりは赤ちゃんの都合。

私の場合はいつも寝ている時間なのに、

この日ばかりは全然寝てくれず…

結果、目がぱっちり開いた写真となりましたが、

これはこれで良い写真となりました。

 

実際に撮影した感想

 

ママさんではないものの、女性のカメラマンにお願いをしました。

撮影慣れをしていることもあって、

すごく赤ちゃんの扱いも丁寧で安心してお任せすることができました。

生後11日、赤ちゃんの肌がボロボロであることも気にしていたのですが

「加工もできますが、これも今しか残せない姿ですよ♡」と言っていただき

加工なしでの撮影をお願いしました。

 

お雛巻きや造花、かご、ネーム入りボードなど

全てカメラマンさんに持ち込みいただき、

とっても可愛く撮影いただき、満足いく写真に仕上がりました。

 

実は、赤ちゃんの誕生に合わせて一眼レフを購入しており、

日々一眼レフカメラで撮影をしているのですが、、、

カメラがよくても、腕の差が歴然と出る写真が仕上がりました。

撮影した感想はやっぱり「プロにお願いしてよかった!」の一言に尽きます。

 

ふと夜中おっぱいをあげている最中に写真を見返しては、

生まれた時の感動を思い出したり、

改めて「生まれてきてくれてありがとう♡」という気持ちにさせてくれます。

 

ニューボーンを検討されている方へ

今、我が子は生後21日。

まだ新生児期ですがちょっとふっくらしてきて、

その時の写真と比べても成長が手に取るようにわかります。

赤ちゃんとママの体調が一番ですが、

できるだけ早い時期の撮影をオススメします。

 

私たち夫婦は、マタニティフォトよりも何よりも、

このニューボーンフォトだけは絶対に撮りたい!と出産前から考えていました。

(ので、マタニティフォトはセルフでちゃちゃっと撮影しました。)

撮影した感想は、「やっぱり撮影してよかった♡」の一言に尽きます。

何ものにも変えがたい記念になること間違いないでしょう♡

迷っている方には絶対にオススメです!

 

f:id:mamamaako:20190426160731j:plain

 

f:id:mamamaako:20190426160750j:plain