ワーママまるこの楽ラク生活

ワーママのまるこです(現在育休中)。ラクして生活を楽しむためのブログです。

会陰切開も怖くない?会陰切開後の痛みと過ごし方

 

まるこです。

 

出産前、会陰切開やだなぁと思っているプレママさんは多いのではないでしょうか?

バースプランに「できれば会陰切開したくない」と書いたり、

会陰マッサージをして見たり…

かと言うまるこもその一人でした。

(会陰マッサージは思った以上に難しくて結局していませんが…)

 

でも、、、

出産を終えて思うのは、分娩台に上がって我が子と会う間近!

痛みもピークに達している時に、

会陰切開なんて考えている余裕はない!と言うことです。

もう会陰切開するかしないかなんてどうでも良くて、

一刻も早く我が子を出して欲しい&我が子に会いたいと思っているはず…

取り上げてくださるお医者さんも、

赤ちゃんを無事に取り上げることが優先となるので、

会陰切開するかしないかなんて正直二の次…

 

会陰切開怖い!と思っているプレママさんへ、

私が経験した会陰切開と、その後をご紹介します。

 

f:id:mamamaako:20190418181439j:plain

 

 

 

私の会陰切開

私がお世話になった産院ではバースプランと言うものはありませんでした。

伝えることはできたかもしれないですが、

具体的に紙に書いて提出するとかはありませんでした。

事前に母親学級で、「初産婦は局所麻酔でほぼ会陰切開する」と言われていたので、

嫌だなぁと思いつつ、会陰切開したくないとは伝えませんでした。

ただ母親学級で言われたのは、どうせ切るのであれば

「裂けるよりも切ったほうが良い」と言うこと。

自然に避けてしまっては治りが遅いそうです。

 

出産レポにも書いた通り、私は恐らく裂けてはないのですが、

結構がっつりと切られたと思います。

(なぜなら相当縫われたから。。。)

 

www.mamamaako.co

 

 

 

会陰切開は痛い?

会陰切開が痛かったか痛くなかったかと言われれば、

「痛くなかった」が答えです。

局所麻酔をしてもらったからかもしれません。

私は会陰切開が怖くて相当人のブログとかを読んで検索しまくりましたが、

多くの人が「痛くなかった」とおっしゃってます。

実際、切られた時「あ、本当だ…」と冷静に思ったことだけは覚えてます。

もう陣痛の方がはるかに痛すぎて、

局所麻酔も鉛筆の芯をチョンと触れたくらいの感じでした。

切られた瞬間なんて、「痛くなかった」と言うよりも「わからなかった」の方が

表現は正しいかもしれません。

会陰切開を縫うときは痛い?

会陰切開部分を縫合するときは痛かったかどうかと聞かれれば、

答えは「ちょっと痛かった」です。

実際の痛みよりも、両足の間から見える「縫う行為」が

余計痛さを感じさせたような気がします。

もちろん産院にもよりますが、私がお世話になった産院では

「痛い」といえば麻酔を足してくれたので、

実際に痛みを感じている時間はあまりありませんでした。

 

麻酔を足す前は「ちょっと痛い」ですが、

出産を経験した直後の会陰切開の縫合の痛さなんて、

全然我慢できるレベルです。

事前にあれこれ心配するほどの痛みではなかったです。

 

会陰切開後の過ごし方

会陰切開後、確かに痛い日々が続きます。

が、、、過ごし方次第では比較的早く普通の生活ができるようになります。

 

傷口は大体72時間で塞がるそうです。

助産師さんから教えてもらった以下を守っていれば、

産後1週間もしないうちに普通に生活することができました。

 

①ロキソニンを絶えず飲む

私のお世話になった産院では、ロキソニンが処方されました。

看護師さんにも「我慢なんてする必要はないから!6時間は空けて痛かったらすぐに飲んでね」と言われ、渡されました。

言われるがまま、1日4錠飲んでいました。

薬の効果は覿面で、だいぶ痛さは軽減されたように思います。

 

②円座に座る

普通の椅子に座るのは痛いですが、

円座を使えば痛みなく座ることができます。

恐らく入院先に備え付けられているかと思いますが、

どこへ行くにも円座を活用しましょう。

 

③ウォシュレットで傷口部分を清潔に保つ

当然切った所は、悪露も含めて血液の跡が残っていることが多いです。

血の塊は細菌が繁殖する格好の栄養源だそうです。

シャワーをすぐに浴びれるか否かはママの体調にもよりますが、

ウォシュレットはトイレに行けば誰でも使えますよね。

水流を一番弱くして、傷口部分を清潔に保つことが一番回復が早いそうです。

 

ちなみに…会陰切開後のトイレって怖いですよね。。。

初めてのおしっこは恐る恐る前かがみにチョロチョロとゆっくり出しました。

ロキソニンのおかげか、しみることも無く痛みもありませんでした。

 

初めてのうんちは、これもまた恐る恐る、

気張ると言うよりも重力に任せてゆっくりと出しました。

実は産後2日ほど精神的なものもあってうんちを出せずにいたのですが、

あまりにも出ないと浣腸になると聞き、下剤を処方してもらい

なんとか3日目に出すことができました。

裂けてしまうのではないかと恐怖がありましたが、

思っていたより大丈夫だった!と言うのが率直な感想です。

 

まとめ

会陰切開って嫌だ!と思っている方は多いかと思いますが、

実は産後そこまで尾を引かないのだなと言うのが印象です。

会陰切開云々でマタニティライフを心配して過ごすよりも、

会陰切開するものだと諦めて、潔く切って赤ちゃんを早く出してあげられるよう

お医者さんに託すのも一つだと思います!

 

以上はあくまで私の体験談とお世話になった産院の処方&考え方で

全ての人に当てはまるわけではないと思いますが、

陣痛に比べれば大したことない!のと、

産後の痛みは側にいる赤ちゃんが吹き飛ばしてくれるので、

会陰切開に心配しすぎず、

赤ちゃんとの出会いを楽しみにマタニティライフを過ごしてくださいね。