ワーママまるこの暮らしの工夫

妊娠を機に、複業を検討中。仕事も子育てもプライベートも全力で楽しむための、暮らしの工夫を綴ったブログです。

♡出産レポ♡

まるこです。
 
f:id:mamamaako:20190412125615j:plain
 
 
出産は十人十色だし、
本当は出産レポを書くか迷ったのですが
私も沢山の人のレポを読ませていただいたので、
自分自身のためにも、記録に残しておこうと思います。
 
 
★4日
健診後、夕方に時々下腹部が痛むけれど
全然活動できるレベル。
 
(19時半)
夕飯から、なんとなくゔぅっと結構な痛みが規則的にくるように。
陣痛アプリで計測し始めると、既に5分半〜7分半。痛みの長さは20秒〜30秒。
15分切ったら病院へ連絡なのに、あれ??早くない?
 
急いでお風呂に入る。
夫クンへ連絡。
翌朝1番にこっちへ向かってくれることに。
 
(21時頃)
病院へ電話。
痛みの感覚がもう少し規則的になることと、
痛みの長さが40秒〜50秒になるまで自宅で我慢。
 
 
★5日
 
(0時半)
 5分半、痛みが40秒続くようになったので、再度病院へ連絡。
入院セットを持って病院へ。
この時の痛みは、波が来ているときは歩けないレベル。
 
LDRに案内されて、NSTで計測。
子宮口1cm。
痛みは5分間隔で定期的にくるものの、
一向に感覚が縮まる気配がなく、
一旦病室に返される。
 
助産師さんに、
「寝れるだけ寝てね」
と、言われるも一睡もできず。。。
 
(7時頃)
もう一度、LDRへ。
子宮口も間隔も変わらず。
この時ママ登場。
夜中の陣痛に一人耐えたことから解放されて、思わず涙。
 
明け方、先生の診察を受ける予定になっていたのですが、
助産師さんから
「絶対に今日産みたい!って強く言うんだよ。」と、、、
(私がそう言え!と言ったのは内緒ね。とも)
助産師の勘から長期戦になることを予感したのでしょう。
 
結果、後々この時のアドバイスに救われたのです。。。
 
促進剤を使うことへの
そこまでの抵抗もなかったので、
診察で先生に「絶対今日産みたいです!!」と強く主張。
 
すぐさまバルーン挿入。バルーン挿入時はちょっと痛い。
けど、「アイタタタタ」くらいでそれよりも陣痛の痛みの方が痛かったです。
陣痛促進剤を投与。
(陣痛は既にあったので、強めスタートだった模様)
 
(9時半)
徹夜あがりの夫クン登場。
また涙。夫クンも涙。
 
段々強くなる陣痛。
何かにすがってないといてられない。
陣痛の度に助産師さんがさすってくれるのに救われる。
 
助産師さんがいないときに、夫クンがさすってくれるも、
「助産師さんがいい」とリクエスト。笑
 
でも最終的には助産師さんから教えてもらい、
めちゃくちゃサポートしてくれました。
夫クンいなかったら、多分産めてなかったと思う…
 
(10時半頃?←時間うら覚え)
バルーン外れる。
子宮口一気に6cm。
 
陣痛が耐えれないほどに。
究極に痛いときは、涙がでる余裕も、
痛いとか言ってる余裕もなく、
変な呻き声しかでない。
 
子宮口が一気に開いていくも、
残り1cmがなかなか開かず、
ここに時間がかかり、
昨晩の徹夜と相まってまぁまぁな体力消耗になりました。
 
明るい内に産めるよ!とは言われるも、
明るいっていつまでやー!!!(心の声)
 
(12時ころ)
子宮口全開。
いきみの体制に。
 
(12時25分)
破水。
 
そこから…
いきむもなかなか出てこず。。。
何回いきんだやろうか…
 
陣痛の合間は体力尽きて、
寝てたというか、意識飛んでました。
 
それでもなかなか出てこず、
助産師さんの
「ちょっと体力残ってないからお手伝いしましょかー」の声に、
最後は大の大人4人がかりで、
私の身体の四方八方から身体を押さえてもらい、
赤ちゃんを引き出し、押し出してもらうことに。
 
 
この時びびってた会陰切開とかは
もはやどうでもいい。
(痛くはないけど、間隔はわかりました)
 
(13時11分)
ちびまるこ誕生。
元気な泣き声が響き渡りました。
生まれた!と夫クン見ると夫クンが先に涙。
私は生まれた瞬間は感動よりも無事に産まれた安堵の方が大きくて、
胸元に置かれた時に実感湧いて涙がでました。
 
 
その後、胎盤とったり、
会陰切開部分を縫われたり…
 
胎盤はその後にゅるっと出てき、
チラ見させてもらいました。
自分の内臓見たの初めて(´⊙ω⊙`)
心の中で、ちびまるこを育ててくれて
ありがとうと言いました。
 
会陰切開を縫うときは、
(多分相当縫ってた。笑)
麻酔をしてもらえたので、
そこまで騒ぐほどではなかったです。
 
最後、もう少しのところで
なかなか出てこなかったのは、
ちびまるこが臍帯を巻きつけていたからだそう。
 
分娩時間約18時間。
(陣痛が10分切った時からカウントするそうです)
 
思ったよりも長かったし、
体力だけには自信があったけれど、
そんな私でも陣痛の合間は
意識が飛ぶほどでした…
 
 
ここまでは、ただの出産レポ。
事実だけを書き残しました。
 
きっとこの事実だけを読めば、
出産って怖いなー、やだなーと思うかもしれませんが…
なぜなら私も人の出産レポを見て、
こうはなりたくないな…とか、
するっと出てきてほしいな…とか思っていたから。
 
でも、出産を終えた身だからこそ思うこともあって。
 
出産を終えての感想は、長くなったので別記事に。。。
 
 
出産って、本当にミラクルだと思うんです。